ポリフェノールの副作用

ポリフェノールの効果と効能

ポリフェノールが体に及ぼす影響や副作用があるのかなどをご紹介していきます。

ポリフェノールTOP > 副作用

ポリフェノールの副作用

ポリフェノールは高い抗酸化作用を持つ成分で、動脈硬化やがん、アレルギーなどの予防にも効果があります。

緑茶にも含まれており、長く愛飲されていることからポリフェノールには副作用はないと言われています。

ポリフェノールにはカテキンやイソフラボン、タンニン、アントシアニンなど多くの種類がありますが、いずれにも副作用の報告はなく、安全性の高い栄養素と言えるでしょう。

妊娠中の女性の場合は、ポリフェノールの過剰摂取に注意が必要です。

妊婦とポリフェノール

ポリフェノールは副作用のない安全な成分ですが、妊婦の場合はポリフェノールを過剰に摂取しないように注意が必要です。

たとえば、大豆に含まれているイソフラボンもポリフェノールの一種ですが、イソフラボンには女性ホルモンとよく似た作用があるため、ただでさえホルモンバランスが崩れがちな妊婦さんが過剰摂取すると、ホルモンバランスが崩れる可能性があります。

そのため、妊婦さんの1日あたりの大豆製品摂取量は、30g程度が目安とされています。

ポリフェノールのサプリメント

ポリフェノールはチョコレートから摂取できることが分かっています。

だからと言ってチョコレートを過剰に摂取すると、動物性脂肪の摂りすぎで血中のコレステロール値が高くなり、動脈硬化や糖尿病、高脂血症の原因になります。

また肥満の原因にもなりますので、チョコレートより手軽で、場所を選ばずにすぐ飲めるサプリメントをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ポリフェノールの効果と効能 All Rights Reserved.