活性酸素とは

ポリフェノールの効果と効能

活性酸素とは、身体の老化を促進し、病気のもととなる物質のことです。

ポリフェノールTOP > 活性酸素

活性酸素とは

活性酸素は呼吸によって体内に取り込まれた酸素が変化したもので、吸い込んだ酸素のうち約2%が活性酸素になると言われています。

活性酸素は殺菌・消毒をする働きがあり、体に入り込んだ細菌やウイルスを退治する役割をもっています。

しかし、その量が増えすぎてしまうと正常な細胞や血管までも攻撃してしまいます。

活性酸素と病気

活性酸素とは病気や老化の原因になるといわれています。

活性酸素は呼吸やハードなスポーツ、飲食など、日常生活で常に発生しています。

活性酸素が体内に蓄積されると酸化が進み、遺伝子や細胞、血管などを傷つけるなどの弊害が生まれ、その種類は200以上になります。

細胞が傷つけばガンの原因になる可能性があり、血管が傷つけば動脈硬化にかかる可能性があります。

しわやしみも活性酸素の影響

紫外線を浴びるとしみやしわの原因になることはよく知られていますが、これにも活性酸素が関わっています。

活性酸素は紫外線を浴びることによって発生し、皮膚の細胞を酸化させ過酸化脂質を生みだし、そこにメラニン色素が集まってしみの原因となるのです。

紫外線はコラーゲンも酸化させ、弾力が失われた肌にはしわができてしまいます。

紫外線はUVケア商品を使ってブロックし、活性酸素の出来にくい肌環境を作ることが大切です。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ポリフェノールの効果と効能 All Rights Reserved.