活性酸素の原因

ポリフェノールの効果と効能

活性酸素はストレスや生活習慣によって発生しやすくなります。

ポリフェノールTOP > 原因

活性酸素の原因

活性酸素は体内に吸い込んだ酸素が変質したもので、その量が増えすぎると正常な細胞を傷つける原因となります。

活性酸素はただ呼吸するだけでも増えていく物質ですが、特に多く発生する原因としては、ストレス飲酒喫煙ハードなスポーツ紫外線などがあげられます。

特に現代人はストレス社会に生きていると言われているので、ストレスの発散や飲酒・喫煙の制限、紫外線対策など、なるべく活性酸素を生み出さない生活を送ることが大切です。

水道水で活性酸素が発生

私たちの使用している水道水は塩素消毒をしていますが、その際に次亜塩素酸が発生します。

次亜塩素酸は活性酸素のひとつで、水と塩素が反応することで発生します。

活性酸素は経口摂取だけでなく、皮膚からも間接的に吸収されるため、洗顔や入浴時でも体に活性酸素が取り込まれてしまいます。

しかし水道水を使わずに生活することは困難なため、抗酸化作用の成分が含まれている食べ物などを積極的に取り入れると良いでしょう。

最近では水道水を電気を使わずにアルカリ還元水に変える製品も販売されています

電磁波で活性酸素発生

私たちの生活は電化製品に支えられていますが、それと同時に大量の電磁波も浴びています。

電気を使用している場所には必ず電磁波が発生しており、大気中に浮遊する水の分子を電波が分解することで活性酸素が発生してしまいます。

また、大量の活性酸素が体内で発生しているときに電磁波を浴びると、活性酸素の働きが活発になると言われています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ポリフェノールの効果と効能 All Rights Reserved.